禁煙外来

禁煙外来とは

タバコを止めたいと思っている方へ

タバコに含まれているニコチンには強い依存性があり、それは麻薬に匹敵するもので、止めたいと思っていてもなかなか止められないのはこのためです。当院ではそんなあなたの禁煙をお手伝いさせていただきます。

タバコを吸い続けると、がんや脳卒中、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などご自身の健康を損なうリスクが高まるだけでなく、周りにも受動喫煙などにより吸っていなくても喫煙同様の害が及びます。
自分の思いだけではなかなか難しいのが禁煙です。ただし、禁煙することができればこれらの健康リスクやタバコ代による経済負担も減らすことができます。

ぜひ当院での禁煙治療を利用して、上手に禁煙をしましょう。

 

一部の受診が、オンライン診療でできるようになりました!

詳しくは下記をご覧ください。
(※コロナウイルス感染拡大にともなう時限措置です)

保険診療で禁煙治療が可能です。

「禁煙治療を受けるための要件」を満たしている場合は、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

  • ニコチン依存症の判定テストで5点以上
  • 1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上 ※35歳未満の方はこの要件は必要ありません。
  • 禁煙したいと考えている
  • 禁煙治療に関して文章で同意している

ご注意

過去に健康保険を使って禁煙治療を受けたことがある方は、前回の治療初回診察日から1年経過しないうちは、健康保険を使っての治療はできません。
※自由診療(全額自己負担)での治療は可能です。

通院は基本5回のみです。

禁煙治療のスケジュールは、12週間が基本で、その間に5回当院にて受診していただきます。

この間ご注意いただきたいのは、医師に相談なく受診を中断しないことです。1回治療を受けたら「やることはだいたい分かったから残りは受けなくても大丈夫」と受診を止めてしまう方もいますが、医師のアドバイスや薬の処方が受けられなくなることで禁煙成功率が低くなってしまうことがあります。

禁煙治療のスケジュール

初回診察で行うこと
1. ニコチン依存症の判定テストを実施して、保険診療での治療が可能か確認をします。
2. はき出す息にどれぐらい一酸化炭素が含まれているかを確認します。
3. 「禁煙日」を決定します。
4. 禁煙を実施するにあたってのアドバイスをします。
2回目から5回目
初回診察日より、2回目は2週間後、その後4週間後、8週間後となり12週間後の5回目で終了します。
2回目以降は以下の項目を確認します。

1. 喫煙や禁煙の状況を確認します。
2. はき出す息にどれぐらい一酸化炭素が含まれているかを確認します。
3. 禁煙を継続するためのアドバイス
4. 禁煙内服薬の効果の確認、副作用の対応など

オンライン診療でも受けることが可能です。

月1度程度とはいえ、通院が大変だ、面倒だ。
でもしっかり禁煙したい。呼吸器感染症のリスクも減らしたい。

そのような方は、オンライン診療も検討してみてください。

 

初回は同意書のお渡しが必要なため対面診療。
その後、2~4回目はオンラインでの診察が可能です。
最後5回目は対面となりますので、来院してください。

オンライン診療では通常、薬の処方日数に制限がありますが、禁煙治療の場合は所定期間(2回目は2週間、3回目・4回目は4週間)の処方が可能です。

内服薬で無理なく禁煙に取り組めます。

当院の禁煙外来ではニコチンを含まない飲み薬を使用します。この薬は、ニコチンが切れた際のイライラを軽減するとともに、タバコを吸った際に「おいしい」と感じにくくすることで禁煙の手助けをします。 薬は飲み始めてから徐々に量を増やしていきます。また最初の1週間は喫煙しながらの服用になり、実際の禁煙は8日目から開始するので無理なく取り組めます。 ※8日間経たずにタバコを吸わなくなった場合は、そこから禁煙を始めてください。

ページトップに戻る

前のページに戻る